少しずつ、春が近づいてきています。

この先、一雨ごとに暖かくなっていくのでしょうね。そして本格的に暖かくなり、様々な花が咲き、綺麗な新緑が目にとまるような季節にさしかかると・・・

そう、すぐに夏がやってきます。

 

そして、その頃からみなさんが一斉に言い出す言葉・・・

 

「痩せなきゃ」

lgf01e201309200900

 

 

 

 

永遠のテーマ。

 

 

 

 

しかし、これだけ美味しいものが世に氾濫し、好きなときに好きなものが食べられるこの時代、結構難しかったりするのもダイエット。

lgf01a201311170700

 

 

「痩せたいけど食べたい!」

 

しかし、大抵の方が食べ過ぎた後に後悔。

lgf01a201407042300

しかし、そんな時代にピッタリなダイエット方があると、最近話題になっているのが

 

 

 

「コンビニおでんダイエット」

 

 

 

・・・?

 

 

 

とりあえず読んでみました。

そうすると、いろんな事がわかりましたね。

 

おでんは具の選び方+軽主食で太りにくく! 寒い季節にはもってこいのおでん。ダイエット中でも安心して食べられる、ちょっとした工夫があります。「体が温まるおでんは夜食にも最適。食物繊維が多い大根などの具とともに、たんぱく質がとれる具も選ぶのがやせテク。代謝を高めるごはんも組み合わせましょう」

出典:NAVER まとめ

 

なるほど・・・と、思いながら、じゃ何を選んで食べるのが効果的なの?って読み進むとこう書いてあります。

 

oden_01-thumb-198x198-4645

昆布
食物繊維が多く、カルシウムや鉄分など不足しがちなミネラルも補えます。

大根

食物繊維を多く含み体を温める根菜類でもある大根は、優秀なやせおでんの具。

たまご
卵は良質のたんぱく質を補える具。1個でOKなのでとるのがおすすめ。

厚揚げ
大豆製品の厚揚げは、たんぱく質の補給ができるうえ、食べごたえも高め。

はんぺん・つみれ
魚のすり身でつくるはんぺんやつみれは、たんぱく質がとれて、消化もいい食品。

出典:fytte.jp

 

そして、おでんだけじゃダメなんだ?・・・。

oden_02-thumb-198x198-4646

ごはん粒は消化吸収に多くのエネルギーを使い、代謝を高めます。おでんにはおにぎりを1個合わせて!

出典:fytte.jp

 

確かに、最近のコンビニのおでんって、本当に美味しくなっていると聞きますよね。

これだったら、週に何回か食べても飽きないのかな?確かに、最近夏場でもおでんが出てたりするコンビニもあるようで。

 

ちなみに、おでんのカロリー事細かに書いてありましたので、こちらも参考にしてみましょう。

 

セブンイレブン

http://www.sej.co.jp/i/products/allergy/oden/

 

ローソン

http://www.lawson.co.jp/recommend/friedfoods/oden/000788/

 

 

そして、このコンビニおでんダイエットのブームを巻き起こしたのがこの本。

 

 

 

逆に、いくらブームとは言っても、食べ過ぎると逆効果!と、いう食材もあります。

おでんといえばカロリーが少なく、ダイエットに適した食べ物として知られていますが、その中でもカロリーが高いおでんの具というのはあります。そこで、おでんダイエットで注意すべき具材を紹介します。

出典:NAVER まとめ「はんぺんは要注意!?」

 

いくらこの方法が良い!とは言っても、どの方法でも同じですが万人に向くとは限らないのがダイエット。

世の中には様々なダイエット法があり、様々な本や情報がたくさん出回っています。

しかし、様々な方法をとことん試すより・・・

 

 

痩せる=規則正しい食生活&質の良い睡眠&自分に合った適度な運動。

 

 

・・・こう書いたら、今日のお題はなんだったの?ってなりますが・・・(笑)

何よりも、これが一番だろうし、それをやってさらに後数㎏痩せたい!と、言う方はこういう様々なダイエット法を試してみるのも良いでしょう。

生活が乱れてて、なおかつ痩せたい!・・・って、それは無理(笑)

 

スタイルの維持は、それはそれは大変な事ですよね。特にお年を重ねれば重ねるほど代謝が落ち、なかなか元に戻れなくなる。

 

食べ物と同時に、痩せるためにとても大切なこと・・・

それは、適度な筋肉。当然みなさまおわかりでしょうが、これが衰えてしまうと、痩せにくくなるし、すぐにリバウンドしてしまいます。

 

ある一定の年齢を過ぎたら、食事を減らしただけで痩せてもそれは「痩せた!」ではなく「衰えた」体型になりかねません。

 

筋肉はつけたくない!って言う人もいます、しかし、筋肉がないと脂肪は燃焼しなくなり、代謝も落ちてしまうんです。しかし無理な運動は長続きしませんよね。

「強く、太い筋肉」ではなく、「細くて、しなやかな筋肉」をつけることも大切。

 

 

lgf01a201412230500

そんな大変なダイエット、その苦労を乗り越えて今年の夏は周りのみんなを驚かせてやりましょう!

 

・・・とはいっても、あんまり痩せすぎると、それはそれで後が大変になるのでほどほどにね・・・(笑)