こんにちは。
ブルームスベリーのFukudaです。

今日は、ここ最近よく受ける質問・・・「抜け毛・髪が細くなった」です。

この現象で、まず一番多い原因としてはホルモンバランスの崩れによるものが大きいのです。
抜け毛が多い、髪が細くなってきた、そして最終的には薄毛・・・など。

これは、男性ホルモンの中に含まれる「テストステロン」という物質が髪の成長を妨げてしまい、通常よりも髪の毛が早く抜けてしまうために、発毛が追いつかなくなって徐々に髪の毛が弱り、抜けやすくなってしまうというものです。

通常(一般的?)には男性に多いのですが、女性も年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が抑制され、男性ホルモンが活発になるために、抜け毛・薄毛に悩まされるのです。
また、無理なダイエットをしたり、ファーストフードやコンビニ弁当等ばかりを食べている人などは十分な栄養が摂れず、ホルモンバランスを崩してしまうケースも多いようです。

そして、栄養面もですが薄毛や抜け毛の原因となるもう一つの原因は血流の収縮。

これを促進してしまうのが、アルコールやコーヒーなどに代表される、いわゆる「酸性」の食品です。飲み物以外には、アイス、ジャムなども上げられています。
こうした食品は、適度に摂取するぶんには問題ないのですが、あまりにも摂りすぎると身体における酸とアルカリのバランスが崩れ、抜け毛・薄毛を進行させてしまいます。

※コーヒーに関しては、胃酸を分泌して消化を助けてくれます(食後など)。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸はガンや動脈硬化などの原因物質である活性酸素を消去してくれる成分を含んでいるといわれているので、適度な摂取は健康に良いと言われています。

そしてもう一つ、ビタミン不足も健康な髪を作る上では深刻な問題です。特にビタミンA、B、Eなどは、タンパク質が髪となるために必要なサポート役を担ってくれる大事な栄養素です。昔から薄毛や抜け毛というものはありましたが、現代においてその悩みを持っている人が急増した背景は、そうしたビタミンを豊富に含んだ食品を食べなくなったことが挙げられます。(ビタミンは、野菜や果物、魚介類などに豊富に含まれます。(サプリだけじゃダメなんです))

食生活の改善を考えてみるだけでも、薄毛・抜け毛を防ぐことができるようになる可能性があるということは覚えておきましょうね。

※上記の内容を実施したからといって、決してすぐに髪の毛がボーボーになるわけではありません。あくまで原因と改善のお話しでした。

また近いうちにこの件に関する関連記事を書きますので、ご覧下さいね!

 


 

[ad#co-1]

 

[ad#co-2]