こんにちは! 今日はまたまたすごい商品のご紹介。

HAIRBEAUZER(ヘアービューザー)です!

ドライヤーは、なくてはならない存在だというのはおわかりですよね?

まず、ドライ。

これは髪や頭皮を乾かす作業のこと。

この作業を怠ると、枝毛や切れ毛の原因となり、連鎖でつやは無くなり

最後は頭皮まで炎症を起こしかねないのです。

そして、クセがある方はこのドライをしっかりやっていないと

うねりが収まらず、朝起きたとき最悪の状態に・・・

そしてブロー。

これはスタイリングを意味しています。

綺麗に真っ直ぐ伸ばす、内巻きにする、髪を流すなど

色んな方法で自分に合ったヘアスタイルを作っていきます。

しかし、今までのドライヤーだとどうしてもオーバードライを

おこしがちでした。

必要以上にブローに手間がかかり、結果ぱさつきや静電気で

どうにもまとまらない・・・

みなさんもこんな経験ありますよね?

そんな悩みを一気に解決してくれるドライヤーが登場しました。

そんなヘアビューザーの特徴を紹介します。

1)通常はドライヤーで乾かし続けると、オーバードライして髪がぱさつき、ツヤがなくなってきますが、ヘアビューザーは乾かし続けても髪はしっとり、ツヤも出て手触りも良くなります。その秘密は、ドライヤー先端部分に搭載された特殊セラミック。この特殊セラミックから複数の遠赤外線が放射されます。この放出された遠赤外線は複数の波長の組み合わせがプログラミングされているため、髪本来が持つとてもなめらかな手触り呼び戻してくれます。

2)温風、冷風に限らず遠赤外線が髪のタンパク質にアプローチ、髪細胞に対して直接働きかけます。

3)(ヘアビューザー使用前)外部ストレス(カラーやパーマ、ブローなど)や加齢によってタンパク質を取り囲む水分子(水和水)が離れて密度が減少。これによりタンパク質が形状変化し、表面的には髪の衰えとなって現れます。

4)(ヘアビューザー使用後)適切にプログラミングされた条件下では、タンパク質を融合する水分子の密度が増え、髪の細胞は若々しいときの状態を取り戻します。

5)髪の潤いヤツやがまし、髪質そのものも改善。また、バイオプログラミング効果は肌のリフトアップ効果もあり、頭皮へ直接当てることによりその効果が期待できます(頭皮へ直接当てる場合は冷風で行います)

さて、こんな感じのドライヤー、使い方が難しいのか?と

思うでしょうが、そんなことありません。普通に使って頂くだけでOK!

では、使い方の説明です。

1)タオルドライ

シャンプー後、いつもと同じようにタオルでよく水分を拭き取ります。

2)ドライ(ホット)

まず、頭皮を温風で乾かします。

この時、ボリュームをアップさせたい方は毛穴(毛根)に向かって下方向から

温風を当てるイメージで。

ボリュームを下げたい方は逆に上から温風を当てるイメージで。

そして、そのまま毛先の水分を飛ばす感じで乾かしてください。

3)ドライ(クール)

髪が乾いてきたら冷風を地肌に当ててください。

冷風の当て方は襟足から頭頂部に向かって当てるイメージ。

そして、サイドに冷風を当てる場合はまず首の下くらいから当てて

次に耳の前や耳の後ろなどからトップへ向かって冷風を入れます。

そうすることにより、フェースラインが引き締まり、リフトアップしてくるのが

わかると思います。(体感には個人差があります)

4)全体を整える

冷風を当てた後、最後に温風を頭頂部から毛先に向かって当てていきます。

この時、ブラシは使わず指でときながら風を当てたり、表面をなでるように当ててあげる

事で、綺麗なツヤが出て、髪もおさまります。特に、ゆるいクセがある方など

は、温風と冷風を交互に当てると真っ直ぐになります。

こんな感じのドライだけで、あら不思議・・・ふんわり落ち着きのある髪で、

しかもツヤがとても綺麗に出ます。

後は、お好みでブラシを使ってブローすることももちろん可能。

綺麗なボリュームあるスタイルや、内巻きもきっちり出来ます。

ちなみに、オーブルシャワーヘッドを使ってあるお客様、アルマダスタイルのM3を

使ってあるお客様などは、びっくりするほどツヤが出てきますよ!

こんな画期的なドライヤーのお値段は21,600円(税込み)

市販のドライヤーでもこのくらいの値段の物がたくさんありますよね?

でも、このドライヤーほど効果が実感できるドライヤーは少ないと思います。

今から梅雨のジメジメがいや〜な季節ですよね・・・

そんなイヤな季節を快適に過ごせるアイテムとなるのではないでしょうか?

使ってみたい〜!と、いう方はご連絡くださいね〜!在庫があればすぐに入荷

しますので!