以前、ヘアビューザー2にヘアビューザープロの中身を移植

する記事を書きました。

http://bloomsburyweb.com/archives/9977

 

あれから数ヶ月、快適に使ってはいたものの、コードがどうしても

ねじれる(元の作りが少し堅めのコード)現象があり、

度々そのねじれを元に戻しながら使っていたんですが、

とうとうコードが焼け切れてしまいました・・・

ブロー中に「ボンッ!」って火花が。

 

とりあえず、その時は以前使っていたドライヤーを使ってブローを

完了させましたが、やはり昔のドライヤーよりヘアビューザー2が

上だと再認識できたくらい、使い心地が違います。

(昔使っていたのは定番のソリス・・・同業者の方はわかるはず・笑)

 

と、いうわけで、もともとヘアビューザー2についていた

コードを使い、プロ仕様にカスタマイズした本体を修理をすることに。

 

分解

まず、切れたコードを取り外すために、またもや分解。

IMG_4917

 

 

見事に焼け切れたコードを、応急処置した箇所がここ。

IMG_4924

 

コードを取り替え

これをまず切り離し、もともとヘアビューザー2についていたコードに取り替えます。

IMG_4919

 

配線用のニッパーで綺麗に皮むき。

IMG_4921

 

繋ぐコードは二箇所ですが、左右どちらに繋ぐかわかるよう、印を付けます。

IMG_4920

 

ハンダ付け

ここで登場するのがハンダゴテ。これで配線を接続します。

IMG_4922

昔使っていたドライヤーはこの配線接続部がマイナスドライバーだったので

メンテナンスが非常に楽でしたが、ヘアビューザーはハンダ。

自分で修理することは前提ではないのです・・・当然?(笑)

しかし、昔持ってたハンダがもう使えないほどすり減ってたので、

急きょAmazonで注文。修理前日夜にオーダーし、修理当日の昼に到着する

Amazon・・・すばらしい。

 

ハンダ付けが終わり、本体に組み込みます。

この時、本体根元にこのような部品を付けて組み付けるのです。

IMG_4926

 

そして、あっという間に組み込み完了。

IMG_4928

 

完成!と、思ったものの・・・あら?外れてるやん(苦笑)

IMG_4929

 

 

 

またバラします・・・

 

 

 

完成

そして、無事組み込みも完成し、今度は本当に完成しました!

IMG_4931

 

予備のヘアビューザーを作る

ついでに、ヘアビューザー2の心臓部(モーター等)と、ヘアビューザープロの

ボディーが余ったので、予備のドライヤーとして使用できるようにこちらも組み立てました。

IMG_4932

 

IMG_4934

これで、万が一また配線が切れてもすぐに使用できます。

 

最後に

今回の故障で、改めてヘアビューザーの良さがわかりましたね。

もう元のドライヤーには戻れない・・・それほどこのヘアビューザーは

すばらしいドライヤーでした。

 

そして、仕事で長時間使うので、こまめにコードのねじれをほどきながら

大切に使っていくことを心に誓いました(笑)