先日、ヘアビューザーのフィルター清掃の記事を書きました。

ヘアビューザーのお手入れ

http://bloomsburyweb.com/archives/11536

 

その後、お客様がフィルター清掃で持ち込みになられたので

そのレポートをします。

_R001586

 

フィルターを取り外す

 

ヘアビューザー2と違い、このタイプはフィルターが入っているドライヤー側面のフタの

ネジをプラスドライバーで緩めて開けます。(ノズルがブルーもしくはピンクのタイプ)

_R001588

 

_R001589

 

そして、中のフィルターを取り出します・・・

 

 

の、はずが!!

 

 

フタが取れません(苦笑)

どうも、中でフタの爪がボディーに引っかかっている様子。

 

 

分解することに

 

このまま無理に外そうとすると、爪が折れてフタが

セットできなくなる可能性があるので、安全策で

ドライヤーを分解することにしました。

 

カッターナイフを使って

 

分解して、中を確認したら、やはり爪にバリが残ってて

引っかかっていたのです。

_R001592

 

_R001594

 

と、いうわけでフタを付けたまま、爪のバリを

カッターナイフで削ってみたら、やっと外れました。

その後、爪の上部を斜めに削り取り、スムーズに脱着ができるようにしました。

 

フィルターのほこりを取る

 

ほこりはいつものように、ハケで取り除きました。

思ったよりもほこりが少ないですね。使用時間は毎日約10分程度らしいです。

_R001590

 

ドライヤーを組み立てる

 

分解と逆の手順で組み上げます。

フタもちゃんと収まるかチェックしながらの作業。

きっちりおさまり、ちゃんと外せるようにもなりました。

 

そして、フィルターをセットした様子。

_R001595

 

 

そして、次から自分で簡単に掃除ができるように、まん中のネジは外しています。

(ちゃんと爪が引っかかっているので、外れることはありません)

_R001598

 

 

とりあえず、外したネジは袋に入れて持って帰って保管してもらいます。

_R001596

 

 

 

さいごに

 

今回のケースのように、フィルターが収まっているフタ

が外れなかったりする場合もあります。(ほとんどありませんが・・・)

これは機械ものはしょうがないって感じの個体差。

_R001599

 

たまにこんなケースもあるので、みなさんももし

フタを外そうとして、引っかかった感じで外れない場合は

無理にこじ開けようとせず、ブルームスベリーへ

持ってきてください。

 

ちゃんとセッティングして、簡単にメンテナンスできるように仕上げますので

みなさんいつでもお持ちくださいね!