今日はヘアビューザーのお手入れについてのお話しです。

 

ヘアビューザーのフィルターの役目

 

最近、よくある質問。

「ヘアビューザーのフィルター、予備と交換した方がいいですか?」という質問が多いです。

IMG_4894

ヘアビューザーには予備でフィルターが付いていますが、

破れたりしないかぎり、交換はしなくてもいいですよ。

しかし、フィルターには必ずほこりがたまりますので、

そのほこりは取り除いてあげましょう。

 

ドライヤーは、内部のモーターでファン(羽)回転させ、側面から外気を取り入れ

熱線を通してノズルから風を出します。

 

外気を取り入れるフィルターがほこりで目詰まりをすると、

規定量の外気を取り入れることができず、熱が上がりすぎて故障の原因にもなります。

 

そして、ほこりがたまったまま外気を取り入れることにより、微量のほこりを髪に

吹きかけることにもなるかもしれないので、ここはしっかり掃除しておきましょうね。

特に、お肌へお使いになる方は是非行ってくださいね。

 

ちなみに、他社のドライヤーにはフィルターがついていないものがたくさんあるので、

モーター内部にほこりが蓄積され、温度が異常に上がり、その結果、故障につながる場合もあるようです。

 

というわけで、今日はヘアビューザーのフィルター掃除です。

 

まず、こちらのドライヤー、お客様の持ち込みです(笑)

というのも、これから出張で東京へ行くらしく、ちょうどドライヤーをバックに

入れてあったものをついでにお掃除してあげました。

 

フィルターを取り外す

 

まず、ヘアビューザー2の側面にある赤い枠のフタの凸部を指で押さえ、「Open」側へ回し、手前に引くとフタが外れます。

IMG_4658_2

 

中からはこのようなフィルターが現れます。

IMG_4897

 

ほこりがたまってますね〜。

IMG_4900

去年末に購入して、一度もフィルター清掃をしていない状態。持ち主のお客様はロングヘアーで毎日15〜30分程度使用。

 

 

ハケでほこりを取り払う

 

刷毛(ハケ)でほこりを取り払う、もしくは水洗で綺麗に洗い流して下さい。(水洗の場合はよく水分を拭き取りましょう)

ちなみに、ブルームスベリーではほこりを取り払った後に水洗をしています。

IMG_4902-3

 

 

フィルターをセットする

 

外したときと逆の順序で綺麗になったフィルターをセットしてください。

IMG_4903-2

 

ドライヤー本体にセットした状態。フィルターが綺麗になっているのがわかります。

IMG_4904

この作業を両面やって完成。所要時間2〜3分で終わります。

 

フィルター清掃の目安は月に一度

 

面倒に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これはドライヤーの寿命を延ばす意味もあります。

高価なドライヤーですので、たまにはメンテナンスをしてあげてくださいね。

たったこれだけのことで、ドライヤーの寿命は飛躍的に伸びます。

 

そして、しっかりしたメンテナンスは安全性も高まりますし、なによりヘアビューザーの威力を最大限引き出せます。

みなさん、面倒かもしれませんがしっかりメンテナンスをしてくださいね。

 

*しかし、どう考えても面倒だ!!と、言う方・・・ご来店時に持ってきてください。フィルター清掃してあげますから(笑)

 

追記

ヘアビューザーのノズル(先端)が青色、もしくはピンク色の商品をお持ちの方は、プラスドライバーでフィルターを外します。