今日はこんなグッズのご紹介。

 

ヘアドライグローブ

 

髪が長いとなかなか乾かず、途中で乾かすのに疲れてやめてしまい、

次の日が大変な事に・・・と、いう方多いようです。

480320247

出典:http://extension-bar.com/

ブルームスベリーでは、「と・に・か・く!乾かしてね!」と

伝えていますが・・・すごく疲れている日や、遅く帰宅したときなど

どうしても半乾きで終わってしまいがち。

 

もしくは、こんな風に乾かしてくれる人がいるといいんだろうが・・・(笑)

6UyEk

出典:http://p.twpl.jp/show/orig/6UyEk

そんな感じで、髪を乾かすって結構大変な作業ですよね。

 

一番手っ取り早いのは、タオルorバスタオルを肩からかけ、拭きながら乾かす

のが簡単ですね。

しかし、タオルが方からずれてしまったり、バスタオルだと手がだるい・・・と

いう方も多いようで。

 

そんな時、このヘアドライグローブが時短してくれるので問題解決!

 

素材はマイクロファイバーとシルクの2way構造。

マイクロファイバーmicrofiber)は化学的に組成された8マイクロメートル以下の極細のナイロンポリエステルなどの繊維で、木綿と同等以上の吸水性や通気性・保温性を持たせた素材。

繊維断面が鋭角や多角形の形状をなしているため、きわめて細かいチリを繊維表面に取り込む性能を持つ。その機能性を活かして、メガネなどの光学レンズや自動車のボデーやガラスなどの拭取り用クロスにも多用されている。合成繊維の特質で速乾性などの点でもすぐれ、着用感も快適である事からスポーツウェアや下着類、衣料品、寝具にも最近では多く用いられる。ただし繊維の細さから耐久性が低いという欠点がある。

起毛加工されたマイクロファイバー壁面による乱流摩擦抵抗低減効果が報告されているが、そのメカニズムは未だ不明である。

アメリカのデュポン社など、多数の化学メーカーがこのジャンルの研究に参入している現状がある。

出典:ウィキペディア

もう使ってる!と、言う方も多いようですが、知らない人もいらっしゃるので

使い方は簡単!手にはめて、ドライヤーを髪に当てるんですが、この時

一つだけ注意を!

髪をこすりながらではなく、地肌もしくは地肌付近をヘアドライグローブでこすりながら

乾かし、毛先はヘアドライグローブで握りって水分を吸収させながら乾かす。

これだけです。

*あまり髪をガシガシこすりながら乾かすと傷みますよ!

 

髪が長くて多い方なんか、結構重宝するのでは?

 

しかし!

 

これはブルームスベリーでは販売していません。

じゃ、紹介するな?って?(笑)

気になる方は下記リンクからご購入くださ〜い。

 

 

もしくは、ダイソーで100円で売っているようなので、そちらで

買われてもいいかもですね?

141129-00111

出典:http://100kinn.jp

 

ちなみに、このヘアドライグローブ・・・

15年ほど前に・・・こういうのがあったらいいよね?って事で、

作っちゃうか?って話しで盛り上がったんですが・・・忙しくて

それどころではなく、いつの間にか話しが消えてました・・・

作っとけば良かった(笑)

 

それと、こんなのも見つけた。

これもよく、みなさんおっしゃること・・・「ドライヤー使ってると手がだるくなる」

ま、そうでしょう・・・そこそこ重いですもんね。

そんな時、これ役立つのかな?

ブラシを使ったブローはたぶんこれじゃ難しいと思うけど、乾かすだけだったら

重宝するのかも。

みなさん、いろんなもの考え出しますね〜。

 

ちなみにこれ、犬を乾かす用に購入している人も多いようですね〜?