今回のbefore or afterはこちらのお客様。

(今回からアイキャッチの画像を替えました)

 

Hさん。

 

Hさんも例外なく、超が付くほど長くご来店頂いているお客様です。

 

そんなHさんが今回切る決心をしたのは・・・

もともと髪が細く、クセも強い髪、その状態で傷んでいたため、

ストレートをせずにまとまる方法として選択されました。

_R000838

実は、去年くらいからショートにしたいとおっしゃってたのですが、

ストレートがまだ中途半端に残っていたため、自分でセットするのは

困難だろう?って事で、今回やっとカットすることができました。

 

スタイルは「お任せ」

 

とは言っても、なんでもいいわけではないので、お仕事やライフスタイル、

普段のお手入れなど考え、スッキリまとまるスタイルを作っていきます。

 

カラーリングが終了して、シャンプー後、あらためて見るとクセがこんなに。

_R000839

 

 

まずは、傷んだ部分を断髪式でカット!

_R000840-2

 

 

 

まず、アウトラインを先にカット。おおまかに全体のバランスを確認します。

_R000841

 

 

サイドは耳にかけられる長さをキープ、そして、クセが落ち着くように長さと量を調整。

_R000842

しかし、えり足の両側が極端に上がっているため、その辺の処理に

気をつけながらのカットです。

 

Hさんの担当をして数十年・・・多少の長さの変化はあったとしても、

毛先を切るのがほとんどだったため、ちゃんとこういう感じでカットを

したのを初めて見たはず・・・じーっと観察してました(笑)

 

そして出来上がったスタイルはこちら。

_R000855

ショートレイヤーで、クセを生かし、乾かしてほんの少しワックスをつければ完成です。

ミディアムやロングだと手に負えないクセも、ショートだと生きてきますね。

 

_R000858

 

耳にかけてもスッキリします。

 

細い髪でも適度にボリュームが出て、気に入って頂けた様子。

 

あとは・・・自宅で自分で上手くセットができているのかが心配ですが・・・

ま、大丈夫でしょう(笑)