ヨーグルト。

みなさんよく食べてますよね?

話を聞いていると、かなり多くの方が食べています。

ヨーグルトのパッケージにも「健康のために毎朝食べましょう」的な

朝を連想させる人気者。

 

しかし、そんなヨーグルト・・・実は夜食べるのがすごく効果があるって

ご存じでしたか?

 

まず、ヨーグルトはなぜ身体にいいと言われているのか?

 

ヨーグルトに含まれている「乳酸菌」は、「善玉菌」と呼ばれています。

乳酸菌は糖類から酸を作り出して腸を刺激する機能を持っているため、

腸の調子を良くしてくれるのです。

 

では、なぜ夜食べるのが効果的なのか?

 

人の腸の消化活動が一番活発になるのが夜。だいたいPM22:00〜AM2:00くらいとされています。

いわゆるみなさんご存じの「ゴールデンタイム」。

そのゴールデンタイムにヨーグルトは腸内で、効果を最大限発揮してくれるらしいのです。

 

しかし、夕食を摂らずにヨーグルトだけで済ませるのはX

きちんと夕食を摂った後でヨーグルトを食べましょう。これが夜ヨーグルトの基本のようですね。

プレーンタイプであれば、低カロリーで美肌効果もあるのでいろんな効果に期待できるのでは?

そして、夜食べるのはダイエットにも効果的!っていうこんな本まで出ているようです。

 

ヨーグルトには、脂肪を燃やす働きのある、ビタミンB2が豊富に含まれています。

そして睡眠を促してくれるカルシウム、そしてメラトニンも含まれています。

身体の内側から美容のサポートをしてくれる、女性にとってとても素敵なパートナーなんですね。

 

そんな夜ヨーグルトのメリットを詳しく解説して下さっているサイトもありましたので抜粋します。


 

2014-10-22-photo2-thumb

出典:夜にヨーグルトがオススメ!?そのメリットとは?

 

■夜ヨーグルトのメリット

(1)二日酔いの防止に
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内環境を整え、便通を改善するだけでなく、肝臓の働きを助ける作用もあるため、二日酔いの予防や改善効果が期待できます。

(2)骨粗しょう症を予防したい方に
骨は夜寝ている間に形成されています。そして強い骨を作るために欠かせないのがカルシウムです。ヨーグルトに含まれているカルシウムは吸収されやすいという特長があるので、無糖のものを選んで食べてもよいでしょう。

(3)胃の健康を保ちたい方に
日ごろからストレス性の胃痛がある方は、夜にヨーグルトを食べるのがオススメです。夜に分泌が増える胃酸から守ってくれます。

(4)心地よい眠りを得たい方に
ヨーグルトには微量ではありますが、快適な眠りに誘うメラトニンという成分が含まれています。リラックス作用があるので安眠したい方にオススメです。

(5)ダイエットを期待したい方に
ダイエットをしている方にとっては、寝る前の空腹感は辛いもの…。就寝前に高カロリーの食事を摂ると脂肪が蓄積されやすくなりますが、無糖のヨーグルトを適量であれば、空腹感を満たし、ダイエットにもそれほど大きな影響を及ぼしません。また、腸は寝ている間に消化吸収の活動を活発に行うので、夜にヨーグルトを食べることで、消化活動を助け、腸内環境を整えやすくする作用があります。

(6)虫歯の予防に
ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、虫歯や歯周病の原因菌になっているミュータンス菌やジンジバリス菌などの悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。もちろん、食後の歯磨きはきちんと行うようにしてくださいね。


 

いかがでしたか?

ご存じの方も多かったかもしれませんが、あらためてその効果を知るとやはり夜ヨーグルト

っていいんだね?って思いますよね。

これが世の中の常識になってくると、商品パッケージも「夜ヨーグルト始めましょう!」って

変わってくるのかもしれませんね。

 

みなさんも軽く夕食を摂った後、22:00前に夜ヨーグルト始めてみませんか?

 

しかし・・・美味しいからと言って、決して食べ過ぎないように・・・(笑)