先日から、before or after でスタイルチェンジを何度か紹介しました。

そんなスタイルチェンジの時、根強い人気なのがこのグラデーションスタイルですね。

_R000166-2

 

カットのみで仕上げるスタイルや、トップにパーマをかけたり、カラーで楽しんだり様々な変化を楽しめるスタイルです。

ちなみに、こちらのお客様はカット&カラーのみですが、ゆるいクセがあるためにパーマは必要とせず、カットのみで仕上げています。

お洒落のレベルも相当なもので、本当は出来上がりのスタイル写真は全身のバランスを見ていただけるよう、正面からも撮ってみたかったのですが・・・

なんせ、ここにはいつも使っているカメラを置いてなく、ちびっこカメラしか無いのでとりあえずはバックスタイルのみで・・・ごめんなさい(笑)

 

このスタイルに関しては、様々な呼び方が雑誌等でありますが、ブルームスベリーではグラデーションボブに統一しています。

トップは長め(頭頂部の髪)で、襟足に行くにしたがって、徐々に細かな段を入れてフィットさせるカットです。

_R000164

このスタイルは、様々なファッションにも合わせやすく、サイドとトップの長さの調整で色んな骨格の人に合うスタイルとして選ばれています。

写真のお客様のスタイルも、トップの髪の内側にほんの少しずつレイヤーを入れて調整していまから、ボリュームを出したいときには出すことができ、押さえたい場合には押さえることができるようになっていますし、サイドを耳にかけると、また雰囲気が違って楽しめるような万能スタイルですね。

 

ポイントとなる襟足をカットする際、レザーカット(カミソリで毛先をなじませる手法)が一般的なようですが、私は全てシザー(ハサミ)のみで行います。

レザーカットの方が早いし、馴染みもいいんでしょうが・・・伸びたときの落ち着き具合等を考えたりすると、私的にはやはりシザーのみで仕上げた方が好み・・・かな?(笑)

襟足のパネル(カットするときに引き出す毛束)も骨格やクセに合わせ、15度だったり45度だったりを様々ですが、最終的に、お客様が満足されるスタイル、そして長持ちするスタイルを提供してあげるのが私たちヘアデザイナーではないかな?と思っています。

新しいスタイルの提案も忘れてはいません。セオリーをまったく無視したスタイルも創ったりします。しかし、まずは自分でセットできるスタイル、自分の好みのファッションに合わせられるスタイルが一番かな?・・・と、思います。

 

これから、冬本番です。襟元が高くなってくるこのシーズンは、バランスを考えて更にショートカットが増えてくるシーズンでもあります。そして、みなさん夏に向かって伸ばします・・・日焼け防止で(笑)

 

 

 


 

 

[ad#co-2]