先日のブログで書いたグラデーションカラーがどんどん増えてます。
(記事はこちら↓)
http://bloomsburyweb.com/archives/8473

ちなみに、このグラデーションカラーは随分前からあった技術ですが、白髪染めの方等にはお勧めしていなかった技術。
(以前のカラー剤だと、色がはいらない&無理すれば傷む)
しかし、カラー剤を変更してからはかなり幅が広がったので、みなさんが楽しめるようになってきました。

 

そして、あの記事の後、すでに何名かのお客様が施術や予約をされましたが、今日もお一人施術されました。

 

今回はリタッチ(根元カラー)&毛先のグラデーションですが、前回のお客様よりも元の色がかなり明かったため、少しだけ方法を変えて施術。

根元はベージュ系の7トーン+8トーンを少量、そしてグラデーション部分は、元々のカラーの色(退色して明るくなっていた)から繋いでグラデーションを入れようと考えたのでベージュ系+アッシュ系&トーンアップのためのライトニング13トーン少量をチョイス。(中間部分の退色した箇所にも色がはいるよう後ほど微調整)
そしてシャンプー直前に薄めた薬剤でちょっと一手間かけて、短時間放置後に乳化させます。乳化にはキトサン系の処理剤と特殊なトリートメントを使い、アルカリとオキシを除去。

シャンプー時にもしっかりと色を入れ込み、完成!
*今回のカラーは元の色が明るかったため、グラデーション部分のカラーの退色が通常より早いかもしれません。色が抜けてきたな〜?って思ったら早めに色を入れようね〜!

 

_R000110-3

 

それにしても、やはりコンデジでの撮影は難しい・・・(苦笑)

 

_R000113-3

 

元の色と合わせるためのカラーのチョイスや塗布&放置時間など、結構大変でしたが、そんなのをすっかり忘れるほど大笑いしながらの楽しい時間でした(笑)

Nさん、また笑いたくなったらおいでね〜・・じゃない、色が退色してきたらおいでね!(笑)

・・・ってうか、あそこまでおれの言うことを疑い、信じないお客様は他にはいない・・・(爆)