2016年10月8日の午前1時過ぎに熊本県の阿蘇山が爆発的噴火という情報が・・・

熊本は震災により甚大な被害が出たばかりで、今回の大噴火・・・36年ぶりの大きな噴火のようですね。

その噴火の規模は、噴煙が1万1千メートルまで登ったという事からも,どれだけ大きな噴火だったのかというのは容易に想像がつきますね。

 

しかし、今のところ噴火により亡くなった方はいない様子で、少しは安心しましたが・・・それでも周辺住民の方は噴石による建物損壊や火山灰が降り積もり大変な事になっている様子。そして遠く離れた日田も火山ガスが流れ込むほどのようですね・・・。

 

もう熊本やその周辺ばかり被害に遭うのはこりごり・・・。どうなっているんでしょうね・・・これも温暖化などの異常気象も影響しているのかな・・・

 

一日も早く以前のように安心して暮らせ、人々が集まる魅力ある熊本に戻って欲しいと願うばかりです・・・。

 

この噴火のニュースはこちらから。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161008/k10010722451000.html