かなり久しぶりのブログ更新・・・

 

お久しぶりです、ブルームスベリーのFukudaです(苦笑)

毎年忙しいこのシーズンですが、今年はいつになく大忙し。昼間の空いている時間帯も空き情報流してすぐに埋まってしまうほど。

ブログも更新しようとがんばってはみたものの、書きかけのブログがたくさん保存されており、何から手を付けたらいいのやらわからない状況に陥ってしまってました(苦笑)

 

・・・と、いうわけで久しぶりの更新はこの話題から。

 

ブルームスベリーで取り扱っているリュミエリーナのヘアビューザーシリーズ。

ドライヤーやヘアアイロンが人気のシリーズです。

 

ブルームスベリにもよくお問い合わせがあり、ご来店されたことのないお客様からもヘアビューザーの購入に関するお問い合わせや、購入以外の仕様や修理に関するお問い合わせまで数多く頂きます。

うちはメーカーやディーラーではないけど、ちゃんと的確なお答えをさせていただいていますので、これからも遠慮無くなんでもご相談くださいね(笑)

 

さて、このヘアビューザーやヘアビューロンもいわゆる普通の「電化製品」なので、使い続けることにより故障する場合もあります。

 

ちなみに、一般家庭用のドライヤーのモーター(市販されているものも含む)は、連続使用で約140時間程度、一日約20分ほど使用すると、約1年という計算になりますが、だいたいはこれよりも長く使えているようです。(プロ用(2DPlus含む)は連続使用で約400時間程度なので耐久性はグンと上がります)

 

そんな時のために、購入後は必ず保証書を保管しておきましょうね!購入後1年未満の場合は無償で修理してくれます(無くした場合は1年未満でも有償修理となります)。また、1年以上たってしまった商品に関しては有償修理となりますが、それでも数千円で修理可能。

*保証期間外の場合は保証書はなくても大丈夫です。

 

ヘアビューザーに限らず、ドライヤーやアイロンで一番多いトラブルがコードの断線。これはどのメーカーのドライヤーにも起こるトラブルで、本体側もしくはプラグ側の断線です。収納時のコードの巻き付けや、ねじれた状態で使い続けることによりこーどに負荷がかかり内部が切れてしまう症状です。

IMG_5193

 

*ヘアビューロン(カールアイロン)に関しては、髪をはさむ開閉プレートのバネの故障が多いようですね。

 

と、いうわけで、万が一壊れてしまった場合の修理までの流れを説明します。

 

(1)リュミエリーナ(メーカー)の修理センターへ電話、オペレーターに故障の状況や見積もりに関する質問に答えます。

 

(2)メーカーから依頼された宅配業者のドライバーさんに故障した商品を渡す。

 

(3)見積もり依頼をされた方は、修理センターのオペレーターから連絡が入る。

 

(4)修理完了後に代引きで修理代金を払う仕組みになっています。

 

ただし、見積もりを聞いて、もし修理をしないという選択をされた場合でも、見積代と片道の送料がかかり、約3,000円程度料金が発生しますのでご注意を。(ほとんどの方は、見積もり後は修理をしてもらっています)

 

では、万が一故障してしまった場合は、絶対に自分で修理せずに下記の修理相談センターへお問い合わせくださいね!

 

故障・修理に関するお問い合わせ

修理ご相談窓口
ナビダイヤル(全国共通番号・60秒につき10円の通話料がかかります)
電話番号:0570-064-435
受付時間:365日 9時~18時

 

その他、故障かどうか判断できないときはこちらをご覧下さい。

http://bioprogramming.jp/support/

 

ちなみに、修理に出している間に普通のドライヤーを使うのがイヤ!と、いう方はヘアビューザー2もしくは2DPlusを購入され、戻ってきたドライヤーを予備として持っておくという方もいらっしゃるほど、このヘアビューザーは無くてはならない存在になっているようですね。

そういう場合、ブルームスベリーで購入されたお客様を対象に、2台目購入時にはサービス価格になります。

 

かなりお得に購入できますので、ご来店時にでもお尋ねくださいね。

 

もしくは、ヘアビューザーよりもかなり安く買える復元ドライヤーを選択!という手もありますが・・・今現在かなり入手困難な状況で、追加オーダーした分もまだ入荷予定日がはっきりしていない状況。復元ドライヤーが即入荷すれば、安くて性能の良いドライヤーを予備として持っておくことも可能なんですがね・・・普通に流通のはもう少しだけ先になりそうですね。