ブルームスベリーでは、ここ数年「ヘアビューザー」が大人気。

中でもヘアビューザー2DPlusというプロ仕様のドライヤーが一番人気。

 

そんな中、各方面の関係者及び一部のお客様から「復元ドライヤー」というドライヤーをよく聞くようになり、早速オーダー入れてみました。

IMG_5185

株式会社LOUVREDO(ルーヴルード)から発売されているのですが、この会社は以前福岡で開催された「ビューティーショー」で商品仕入れやその他面識があったのですぐにオーダー。しかし、3月にオーダーしてつい先日やっと入荷したという、超人気商品らしい。

ちなみに、この株式会社LOUVREDOとは、エステ関連の商品を製造販売している会社で、3年ほど前から「ヘアーホスピ」という髪をよみがえらせるシステムを開始した会社。

 

ブルームスベリーでは、みなさんお使いの「ヘアビューザーシリーズ」が人気ですが、なにせ高い。今一番人気のヘアビューザー2DPlusは税抜で¥33,000もする高級ドライヤー・・・にもかかわらず、とんでもない勢いで売れ続けているこのヘアビューザーと、一部では「ヘアビューザーを超えた!」と言われる噂の復元ドライヤーは何がどう違うのかを検証してみました。

 

まず、ヘアビューザーシリーズ(2D Plus&ヘアビューザー2)の効果及びスタイル

IMG_5192

特殊なバイオプログラミングを施されたセラミックがインストールされ、普通のドライヤーとは比べものにならないパフォーマンスで使う者を圧倒。髪の内部にあるタンパク質、及び周辺の水和水という水の構造を活性化させることにより、乾かした後でも潤いは持続し、髪にもハリが出る。ツヤ、手触り共に今現在知る限りでは最強のドライヤーです。

ヘアビューザーは美容室で一番多く使われている定番スタイル。持ち手とノズル周辺がほぼ似たような大きさのため,どこを持っても違和感なく使えます。折りたたみは出来ません。

 

そして次に復元ドライヤーの効果及びスタイル

IMG_5177

こちらは少し考え方が違い、髪に高熱を当て続けない構造(高温を髪に当て続けるとタンパク変性を起こすと言われているため)。なので、ドライヤーから出る温風はなんとマックスで80℃。これは、かなり低い温度です。試しに吹き出し口に手を当てて風を出してもそんなに熱くない。(ホントに熱くないです)

そして、ヒーター部分から育成光線(*)なるものが放出され、育成光線率96%という驚きのパワー。

スタイルは、市販されているマイナスイオンドライヤーの形状に似ているノズル周辺が太いタイプ。ハンドルだけを持ってブローするのであればまったく違和感ないが、ノズル周辺を持ってブローするにはかなりの違和感があります。しかし、これはプロが使う場合の感想で、一般の方はノズル周辺なんか持ってブローする人はいないと思うので、まったく問題は無いでしょう。

そして、こちらも折りたたみは出来ません。

 

*育成光線とは?

人体の細胞と共振共鳴作用をおこす6〜20μ mの波長のこと。身体や髪を元気にするエネルギーで身体から出ているエネルギーと同じなので身体に最も優しいエネルギーなのです。

(復元ドライヤーパンフレット参照)

 

・・・今いち育成光線の説明がよくわからなかったけど、多分すごいんです。

 

 

次に重量。

これは・・・持った感じは復元ドライヤーの方が若干重く感じました。

実際の重量はヘアビューザー2が615.5g、ヘアビューザー2DPlus704.5g、復元ドライヤーが715g・・・一番小さい復元ドライヤーが一番重い。これは、多分コードの長さもあるのだと思います。2DPlusや復元ドライヤーはいわゆる「プロ仕様」。なので、コードが太めで長いからでしょうね。しかし、この重量の差は、言われないとわからない範囲ですね。

IMG_5180

 

つぎは乾かす時間。

これはかなり重視される項目ですね。とにかく早く、そして傷まずに乾いて欲しいと思うのは当然。

ヘアビューザー2DPlusでセミロング(鎖骨のあたりまである髪)を完全ウエットの状態から90%乾かすのに、なんと・・・約3分半。正直、これには驚きですね。パサつきもなく、すんなりブローに移れます。これは、特殊プログラミングされたセラミックが複数枚(まだ分解してないので詳細不明)入っていて、遠赤外線の効果で早く乾くのでしょう。

 

復元ドライヤーもセラミックが2枚装着されているので、遠赤効果が期待されるも、セミロング90%ドライは5〜6分。これでも十分早いのです。いや、市販のドライヤーに比べたらすごく早いはず。ちなみに、復元ドライヤーの温風はハイモードでやく80℃。髪に当たる温度はさらに低く60度前後のはず。それでもこの数字って、なかなかいいですよね。

 

 

ちなみに、ヘアビューザー2DPlusの温度がハイモードで温風が約110℃に対し、復元ドライヤーはハイモードで約80℃。

 

次は、髪以外への効果。

ヘアビューザー2DPlusはリフトアップ効果もヘアビューザー2に比べ、格段にアップしています。

 

そして、復元ドライヤー・・・こちらはリフトアップだけではなく・・・なんと、バストアップやヒップアップ、脚のケアなど様々な用途で使えるいわば「スペシャル美容ツール」。さすがエステ関連の商品を開発している会社、この辺の効果はすごいですね。ちなみに、復元ドライヤーの風の引き出し口はヘアビューザーよりもかなり大口径。このドライヤーはビューティーケアを目的として作られたと言っても過言でないくらい、身体には使いやすい構造。この辺もエステ関連の商品を開発している会社らしく、使う人のことを本当によく考えて作ってあると思います。

 

では復元ドライヤーの説明動画があるので、それをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

(出典:ルーヴルード

 

多分、これはヘアビューザーシリーズでも出来ることとは思いますが、さらに効果をアップさせる「育成光線」が効いているのでしょう、結果は驚きですね!

 

こういう感じで、ヘアビューザーと復元ドライヤーを簡単に比較してみました。

 

そして、私の感想。

 

これは、使い慣れているという事で、当然ヘアビューザーに軍配は上がります。しかし、この復元ドライヤーもちゃんと使いこなしていけば、ヘアビューザーからトップの座を奪い取ることも可能なのではないか?というくらいのポテンシャルはあります。

特に、ボディーケアは必見。長年エステ関連の商品を開発してきただけのことはありますね。ちゃんと女性の欲しいものがわかってる・・・(笑)

 

 

と、いうわけで、復元ドライヤーに関してはまったく別物と考えた方が良さそうですね。

 

しかし、決定的な違いが・・・お値段。

 

ヘアビューザー2が¥22,500(税込¥24,300)

ヘアビューザー2DPlusが¥33,000(税込¥35,640)

復元ドライヤーが¥15,700(税込¥16,956

 

う〜ん・・・値段だけ見たら、復元ドライヤーに気持ちが傾くのは間違いないですね(笑)

 

と、いうわけで・・・

ブルームスベリーでは今後、ヘアビューザーと並行して復元ドライヤーも取り扱っていきます。

 

しかし、ここで1つ注意点が・・・

 

復元ドライヤーは現時点でかなり品薄で、ブルームスベリーで発注したのが3月末、納品されたのが5月19日と、かなり納期が遅れています。今後は改善されるのでしょうが・・・。

 

ちなみに、今ブルームスベリーでは2台在庫があります。(2016年5月22日現在)

そして、品薄なので試しに使用できるサンプルはありません・・・ごめんなさい。(近々仕入れます)

 

最後に、復元ドライヤーに関しては、基本的に常時在庫は致しません(と、言うか、モノがないので出来ない)ので、購入をご希望の方は必ず予約をお願い致します!

 

株式会社LOUVREDO

http://www.louvredo.com/lp/fukugendryer/index.html#top

ルーヴルード