今回ご紹介するのは、今が旬の料理を食べさせてくれるお店のご紹介。

 

たけのこ料理 合馬茶屋

 

合馬の筍(おうまのたけのこ)はすごく有名で、もはやブランド化してるとも言えます。

そんな合馬の筍を季節限定で食べさせてくださるこの合馬茶屋は、

高速の小倉南ICで降りて、5分ほど走った場所にあります。

 

毎年2月下旬からゴールデンウィーク位までの営業ですので、

このシーズンを狙って、数多くの方が訪れています。

 

行く途中にも直売店などが点在しているここ合馬、数年前に

初めて行って以来、毎年この時期に必ず行きます。

 

しかし、店という構えではなく、大きな民家を期間限定でお店にしている

という感じ。

_R001305

_R001306

_R001331

 

中に入ると、たくさん並んだお座敷のはすでに大勢のお客様が。

ちなみにこの日は11:00過ぎに到着してこの状態。

そして、一日限定100食らしいので、オープン10:30からすでに満席

状態が続いているようです。

お客様の中にはご年配の方も多くいらっしゃるので、正座などができない方は

別室にもテーブルとイスの席があります。

_R001312

ここ合馬茶屋は土日祝日に行くときは時間に気をつけて行かないと

外で1時間以上待つらしい。

 

私は平日に行くので、この日は待ち時間も無くすぐに座れました。

(以前は平日でも20分くらい待ったことも)

 

では、まずおしながきから。

コースは二つのみです。

_R001310

 

この日はあいにくの雨。お庭を眺めながら料理が出てくるのを待ちます。

_R001311

 

この日のオーダーは竹コース。

そして、出てきた料理がこちら。

_R001323

 

筍のお刺身

採れたての新鮮な筍を下茹でしてスライスした刺身。とくに柔らかく、味の良いもの

だけを刺身として使うようです。

ほんのりかおる筍の風味、そして甘味や旨みも感じるとても美味しい一品。

_R001315

 

筍の白和え、筍のきんぴら、筍の木の芽あえ。(手前から)

細かく切った筍に、木の芽ソースを和えた木の芽和えや、水分を半分だけ絞ってから

つくる白和え、ピリッとくる唐辛子がアクセントのきんぴら。

どれも筍が上手くマッチした美味しい小鉢です。

_R001316

 

筍しんじょう

合馬茶屋で初めて食べた筍しんじょう。柔らかな食感の中に、しっかりと筍の

風味も感じ取れます。

_R001317

 

筍のお煮しめ

味付けもちょうどよい、美味しいお煮しめ。どこか懐かしい味。

_R001318

 

 

筍御飯

もともと合馬の筍はエグミがほとんど無いので、御飯と一緒に炊くと

よりいっそう旨みが増します。

とても柔らかく、旨みが凝縮された筍御飯もお勧めです。

_R001319

 

若筍汁

竹筒に入ってくる若筍汁は、熱いうちがお勧め。

薄くスライスされた筍と出汁が良い味出しています。

_R001330

 

筍茶碗蒸し

筍やぎんなんが入り、上にあんがかかっているのでいつまでも熱く、

とても美味しい茶碗蒸し。

_R001329

 

筍のてんぷら

筍の他に、えび、たらの芽、こごみなど旬を味わえます。

下味は付いているようですが、お好みで柚子塩もしくは抹茶塩につけて食べます。

_R001324

 

焼筍

とにかくこの焼筍は最高に美味しい。皮が付いたままの筍を一度蒸し、

その後で香ばしく焼き上げます。一度蒸すことで旨みが閉じこめられ、

美味しい筍の食感も楽しめるというわけです。

お店の方がこのようにちゃんと皮を剥いて食べやすくして下さいます。

アツアツで湯気が出ている焼筍は、わさび醤油との相性もとても良い最高の一品。

_R001326

 

こんな感じの料理、食べ終わる頃には本当にお腹いっぱい。

価格以上の満足感が得られます。

みなさんも、今が旬の筍料理いかがですか?

 

また来年も必ず伺いますね!

 

 

たけのこ料理 合馬茶屋

 

住所 : 北九州市小倉南区合馬1187

TEL : 093-451-0977

営業 : 10:30〜限定食数終了まで※2月下旬から5月のゴールデンウィークまで営業。

定休日: 期間中は無し

席  : 60席

駐車場: 無料駐車場あり

ホームページ:http://www.ohma.jp/oumachaya.html