ここ数日、天候が不安定な日が続いています。

暖かかったり、寒くなったり晴れたり曇ったり・・・。

天気がこんな感じだったら、気も滅入るっていう方も多いようです。

 

人は大人になるにつれ、笑顔の回数が極端に減っているというのをご存じでしたか?

なんと、子供の1/30しか笑っていないようです。

 

子供の頃は、見る物全てが新鮮で、うれしさや楽しさ、そして悲しさもストレートに

表現しますよね。

しかし、歳を重ね大人になるにつれ、やらなきゃならないことが増え、

時間に追われ、様々な事を我慢することを覚えてしまう・・・そして、いつしか疲れや

不満が頭や身体の中を駆け巡り、暗い表情が勝ってしまい笑顔が少なくなっていくのでしょう。

 

そんな笑顔を忘れかけた大人へ、ある研究結果が発表されました。

 

「夕方5時に笑うとキレイになる」

 

どういうことだろう?と思いながら記事を読んでたら、なるほどね・・・。

 

夕方5時というのは日中の活性をつかさどる交感神経とリラックスをつかさどる副交感神経が切り替わる時間帯と言われており、この時間帯に笑うことで良質な睡眠と肌の再生力に大きな影響を及ぼす“幸せホルモン”セロトニンが、より活発に分泌されることが、最新の研究で判明しています。

引用:株式会社アテニア

 

本当に毎日忙しいみなさん、特に夕方5時付近は「はぁ〜今日も残業か・・・」と

ため息をつく事はあっても、笑顔を見せるのは少ないのかもですね。

そんな時、この記事を思いだし、少しでも笑顔を出せる工夫を心がけてみては

いかがでしょうか?

 

交感神経と副交感神経・・・ようは自律神経を整えることにも役立つわけです。

そうなると、リラックスできるようになり、心地よい眠りへと誘うのかもしれません。

lgf01a201405280900

いいことばかりですよね?笑顔って。

 

 

笑顔は自分自身もポジティブにしてくれ、周りの人も巻き込み、

とてもいい環境を生み出します。

lgf01a201404131700

 

 

 

ちなみにこれは、女性の表情を花にたとえて表現した映像です。

笑顔と暗い表情で、同じ女性でもここまで印象が変わり、見ている人への

印象をガラリとかえます。

これを見ていても、すごく感じますね、笑顔って本当に重要なんだな・・・と。

 

 

「最近、疲れた顔しているな・・・」って思ったときは、できるだけ

笑顔を心がけ、幸せホルモンのセロトニンを分泌し、いつまでも美しい女性でいましょう。

きっと、周りの人達も笑顔に癒され、明るい環境を生み出すことと思います。

 

 

いつまでも笑顔を忘れずに、素敵な歳を重ねていってくださいね。

lgf01a201308180000

 

 

しかし、ここで一つ・・・

 

いくら「夕方5時に笑顔を!」とはいっても、それまで大忙しで

こわい顔をしてバタバタしていた人が、いきなり5時になったとたんに笑い出したら

「あ・・・とうとう壊れた」って思われるので、その辺はお気をつけ下さい(笑)